バレンタインのチョコレート(粘土です)

月曜日の朝は、なんと 0度 という気温でした! 

 

九州って南国のイメージがあるみたいですが、結構寒くなるんですよね。

 

そんな寒い中、真鶴会館カルチャーセンターの親子えいごクラス にはいつものお友達が集まってくれました。

 

保護者の皆様には、いつも心より感謝しております。

 

 

バレンタインも間もなくですね

 

Let's knead it! とコネコネ、Roll it! と丸めて、チョコレートをたくさん一緒に作りました。

 

黄色と青と赤を混ぜると、良い感じのチョコレート色になるはずですが、私の配合が適当なせいもあり、全体的に青ざめた感じ・・・。

 

空っぽだったチョコレートの箱がいっぱいになりました!

 

まだ、チョコレートを食べたことがない年齢のお友達もいますが、(粘土で)チョコレート作り体験を楽しんで頂けたでしょうか。


いつもお世話になっている英語講師の仲間が、前日に粘土でキャンディを作った話をしてくれて、私も今回挑戦してみました。

 

 

 

ちなみに、小麦だけでなく、お米や寒天、蜜蝋の粘土もあります。

 

アレルギーのお友達だけでなく、ちょっと違った手触りや扱い方を楽しみたいお友達やママに人気です。

 

寒天粘土はすごく伸びが良いです。

 

蜜蝋粘土はこねながら体温少しずつ柔らかくなるので、年齢が上のお子さんに(始めがとても硬い)。

 

 







絵本はこちらのKaren Katz作 Where is Baby's Valentine? を読みました。


先日の記事でも読み聞かせ動画と共にご紹介しています。

ページをめくったり、めくる部分をみんなで開いてくれました。



また来週も一緒に遊びましょうね。


いつもママさんの温かいサポートを頂き、本当にありがとうございます!!