Tricky Words トリッキーワード正式デビュー

ジョリーフォニックスを学ぶお友達の記録です。

 

前回で、基本の42音をめでたく修了して(前回の記事はこちらから)、今回は初のトリッキーワードの学びです。

 

フォニックスのルールでは正しく読めない(または、ルールには従っているけど、まだその時点でそのルールを学んでない)言葉をTricky Words トリッキーワードと呼びます。

 

今回は、I, the, to, do, was, are, all の6つです。

 

正式には、今回のレッスンが「初」のトリッキーワードのレッスンですが、これまで遊び的にトリッキーワードレッスンを取り入れていましたので、既に読める言葉もいくつかありました。

 

例えば、以下のように3つの言葉を聞いて、カードを叩く遊びもリズムが楽しいようで、これまで何度かやりました。

 

(こちらは、香港でジョリーフォニックスを教える教室のレッスンの一幕です)

 

これまでは、イントロ。

 

何となく読めるだけでも、大きく誉めましたが、今日は、トリッキーワードの学びの「正式な」デビューですので、「書ける」ようになることも大切な目標です。

 

一度に6つの言葉って多いな、年少さんだし、どうかな。。と、様子を見ていましたが、思った以上にしっかりマスター出来ていて、また子ども達の力に感激しました!

 


また、decodable booksデビューしてからやや少なめになっていたwriting 書きの活動も頑張りました。


こちらのカードを使いました。とてもかわいいイラストです。



一緒に読んだのは、こちら。


初めての、Songbird シリーズで、一番初めに登場するお話、Top Cat 。

フォニックスのレベル的には難しくないのですが、「!」や「?」などの存在も気になったようで、どんな風に読んだらよいか、みんなで意識してみました。



春休みが明けたら、Pupil Book 2に進みます。



進めば進むほど、上達が見られるのが本当に嬉しいです。


まさに継続は力なりです。


私も、子ども達の頑張りに負けないように張り切ってますよー!




今日も、お会いした皆様、こちらをご覧下さった皆様、私の気持ちの中で支えになってくれている皆様、ありがとうございました。