自然の力を学ぶ

小枝や枯草、葉っぱで出来た鳥の巣と、粘土で出来た卵です。

何だか、ふわふわで、居心地良さそう・・・・!

 

先日の記事で少し触れた、秋のについてのレッスンの続きです。

記事でも見て頂いたのは「鳥」についてでした。

 

 

鳥が登場する絵本はもちろん、歌や工作にも取り組みましたが、「鳥の巣作り」では、子どもたちがそれぞれの感性でフワフワの鳥のHOMEお家を作ってくれ感激です。

 

材料調達のために、鳥の巣の制作に使えそうなものを公園などで取ってきて、洗ったり、

 

 

レッスンに備えて、自分の子どもと一緒に、適当な大きさや長さに切ってみたり、

 

 

この様な自然素材を使ったレッスンの際に、感じずにいられないのは、自然や自然界の生物の力です。

 

もちろん、鳥はこんな風にハサミなんかは使いませんので、自然にあるものの中から、ちょうど良い長さ・ちょうどよい硬さ&柔らかさの素材をひとつひとつ丁寧に選別します。

クラフトでは紙皿の中に小枝や枯草入れて巣を作りましたが、実際の鳥の巣は、もちろん紙皿など使わず、鳥の種類によっては、殆ど中に浮いているような状態で、ほんの一部だけが木などに固定されています。数羽のひな鳥が、ある程度大きくなるまでそこで過ごせるような強度ですので、その技術もすごいです。

 

レッスンを通して、自分自身の学びや気づきもとても多いです。

いつも子どもたちとたくさんのことを学べて、心より感謝です。

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

お知らせ

11月より新開講のレッスンのご案内です。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★