絵本 Let It Rain

インターネットで絵本を買う時に、幼い子どもへの読み聞かせとして使いやすいか(主に、程よいボリュームか)かな?大人にとっても外国語として新鮮な表現はないかな?と考えています。でも、中身を見れないのも現実。英語のレッスンを行う者として&幼い子どもを持つ親としての視点で、実際に読んだものを時々レビューしてみます。

雨雨フレフレ!と可愛い表紙の Let It Rain

文字通り、雨が題材です。

●文章の位置がよい!

明るいイラストが嬉しいのはもちろん、文章が一か所にまとまっていなくて、見開きページにちりばめられた色々なシーンに該当した文章がバラバラに書かれています。つまり、文字を目や指で追えば、その部分に該当するイラストもあるので、子ども英語講師の先生などは、読み聞かせ中に、読みながらキョロキョロとイラストを探す必要がありません。子ども達が指差したイラストの所から、読んだりもしやすいです。

 

●表現いろいろ

例えばあるページでは、雨のシーズンである春の季節に種や苗を植えるシーン。

 

Digging, tilling,  

掘って、耕して、

 

Seeds to sow.

Planting carrots in a row.

「植える」と言っても、sow も plantも

 

チラッと見える苗の目印表札には、

cukes (cucumbers のフランクな表現)もあったり。

 

雨が上がって、初夏の暑い季節に入るページも、

hot と言う言葉は一度も登場せずに、

 

steamy classroom,

blazing heat.

 

などなど、どれだけ暑いか伝わります。

●シリーズもの●

季節ごとに4冊シリーズで、値段もお手頃です。

他の三冊も、使いやすそう&中身も良さそうな感じがします。購入したら、またレビューします!