ピカソで母の日

今週のあるセミ・プライベートレッスンでは、ピカソをテーマにクラフトに取り組みました。

もちろん、母の日のプレゼント用です。

 

まずは・・・

ピカソ・ブーケ

パブロ・ピカソの代表作

Hands with Bouquet

 

こちらをヒントにしたクラフトです。

① 花の真ん中は、丸くカットした画用紙をノリでペタペタ

 

② クレヨンで、stems 茎  petals 花びら  leaves 葉っぱ を描く

 

③ 「握る手」の形は、子供の手をなぞって描いてハサミで切り、上から貼りました。

  手をクレヨンでなぞる時は、ちょっぴり ticklish 

  くすぐったい感じを楽しみます。

   

写真の絵は、私(おとな)がサンプルとして作ったものなので、「普通」ですが、

子供達の作品は本当に表現豊かです! いつも感動させられます。


ピカソ・カー

そして、ピカソをテーマに、乗り物が好きなお友達のために、何か・・・と見つけたものが、こちらです。


ピカソが車をデザインしたら、こんな風になる?! なんて言う、こちらの記事より

この何とも楽しい車、イギリスの44歳の自動車工の方が、写真右のピカソの作品にインスピレーションを受け、

半年かけて考えた、ピカソ風の車です。

実際に、道路を走れるそうです!

 

これをヒントに生まれたのが、今回のクラフトでのピカソ・カーです。

子供の作品なら、チグハグな感じが出て、ピカソ風になるかなと思いましたが、

実際はとってもバランス良く出来ていました。

 

シンプルに、事前に準備した画用紙をノリで貼るものですが、

 

license plate(米)  ナンバープレート

steering wheel  ハンドル

wheels     タイヤ

rearview mirror   バックミラー

windshield   フロントガラス

 

・・・等の言葉に触れられる他、カット画用紙の形や色も様々登場しました。

車の制作者がこだわったように、ピカソの primary colors 原色 使いも取り入れました。

 

この様に、それぞれのお子様の興味に合わせて、レッスンのご準備をさせて頂けるのは、

プライベート(またはセミプライベート)レッスンならではです。

 

皆さまは、どのように母の日を過ごされたでしょうか。

 

また、お会いしましょう。

See you soon!!