フォニックスを学びながら絵日記 Journal スタート

ジョリーフォニックスで42音を学び終えた5-6歳のお友達。

 

絵日記をスタートしました。

 

子ども達にやってもらうのは、自分で書きたいことを、自分で書いてみること。

 

教師や保護者の方の役割は、見守って、(子ども達に助けを求められる時以外は)訂正しないこと。

 

 

 

 

第一回目から、夏休みに行った場所、楽しんだ遊び、など、バラエティに富んだ記録になりました。

 

上の日記は、最近遊びに行ったテーマパークについて男の子が楽しそうに書いてくれたもの。

 

この地域ではお馴染みの「スペースワールド」に行ったようです!

 

上手に描いてくれたのは、そこで楽しんだウォータースライド。

 

スライドの上から、ずっと下を見ながら、ドキドキ、ワクワクしている様子かな??

 

単語の間のスペースや、最後のピリオド、そしてフォニックスの知識を駆使しながら文章も仕上げ、本当に素敵な日記が完成しました。

 

 

 

 

 

文章だけでなく、絵にも個性が満載で、見ていて本当に楽しいです。

 

ああ、またフォニックスのレッスンが待ち遠しくなりそうです(私が)。

 

 

 

 

 

ちなみに、右上の WOW! の蝶は、教師用のシールです。

 

シールやスタンプなど何種類かを気分で使い分けています。

 

子どもはこういうのが好きなので、講師の皆さんだけでなく、保護者の皆さんにも家庭学習用におすすめですよ!

 

ほめ言葉のパターンもいろいろあり、子ども達が自分で読んでも、ママが読んであげても、ニッコリ喜んで思わず(?)リピートしてくれます。

 

 

 

 

また、シェアさせて頂きますね。

 

いつも、こちらのページにお越し頂きありがとうござます!