ジョリーフォニックス could would should

ジョリーフォニックス Pupil Book 3 のお友達と、トリッキーワード would, could, should を学びました。


トリッキーワードとは、フォニックスのルールに従っていない(または、その時点では、まだ学んでないルールに当てはまる)単語です。


これまでも、少しずつ学んできましたが 改めて振り返ると、随分進んだ気がします。


ジョリーフォニックスでは、段階に応じて色分けされているグループごとにトリッキーワードを学ぶことが出来ます。

これは、ジョリーフォニックスのトリッキーワードが色分けされた花の中に書かれたものです。


これまで、青→黄色→赤→緑と修了して、このwould, could, shouldはピンクのグループ。


子ども達がこれまで学んだトリッキーワードを殆ど問題なく読んでいるのを見ると、積み重ねの重要さを感じます!


頑張ってくれて本当に感謝しています。


ちなみに、一番上の文章は Pupil Book 3からの1ページで、dictation (聞き取って書く)の例文はTeachers Bookからのものです。


例文で時に新しい言葉に出会ったり(全体としては難し過ぎず、それでいて、子どもにとっては新しく出会う言葉も時に含まれて程よい)しながらも、フォニックスを学べます。


また楽しんで学びましょう!

 

See you soon!




~ お気軽にお問合せ下さい ~

 

●ご案内が可能なレッスン●

 ・カルチャーセンター親子えいご(1歳~3歳) 

就園前に英語を通してお友達との出会いを楽しめます。

体験レッスン随時受付中(残席わずか)です。

 ・ママのためのフォニックス講座 

たくさんのママにご受講頂いています。

ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

 ※プライベート(お子様のため、ママのため、共)レッスンについて

定期受講枠は現在満席ですが、単発・不定期(回数限定、期間限定など)でのご受講をご希望の方は、お気軽にご相談下さいませ。

 

ご自宅での読み聞かせやフォニックス学習●

・英語絵本のご紹介

・ジョリーフォニックスの教材や動画