ジョリーフォニックスBook 2クラス

ジョリーフォニックスのBook 2のレッスンでした。

 

写真はディクテーションの内容です。

 

最近は、「A」 などのグレード(成績)を自分のプリントに書くのがこのメンバーで流行っているようです。

 

幼くても(年中・年長)そんな感覚が既に!フォニックスやってるだけで「すごい!」と私などは思いますが。。。

 

。。。と言っても、本人が書き、A以外のグレード(B, C,  などなど・・・もちろんAが一番良い)はありません・笑。

 

Book 1で学んだ音の復習をまんべんなくしながら、新しいフォニックスの知識、トリッキーワードを増やして行き、文章を読んだり書いたりにもつなげていくレベルです。

 

この日も頑張ってくれました。

 

こちらのジョリーフォニックスのデコーダブルブック A Shoal of Fishを読みました。


学んだ音とトリッキーワードだけで書かれているレベルのリーダーです。


動物の群れを表す言葉がいろいろと登場します。


最後に自分のママに本を読む時間を作っていますが、ママたちが「こんな言葉、知らなかったー!」とコメントされる本でもあります。


犬や猫、カンガルーやキツネ、動物によって異なるグループの呼び方を学べます。


読み書きだけでもなく、ボキャブラリーを増やすことが出来るのが素晴らしいと思います、


また少しずつ読んでいきましょうね。




こちらで使用してるのは反筆記体で書かれていますが、アマゾンではブロック体のものも販売されています。


また次回も楽しみましょうね~!




↓ 英国からいらっしゃるジョリーフォニックス・ジョリーグラマーのトレーナー山下の先生のワークショップ!


是非ご参加ください。 ↓