書き方、書き順は bat and ball

b  と d の文字は、子ども達にとってはソックリ!


少し大きくなっても、混乱したり間違えやすいものです。


Jolly Phonic ジョリーフォニックスでは、


d は、それまでに既に学んでいる c (caterpillar アオムシの形)からスタート、

bは、バット(上から下に向かう線)をまず先に、その後にボール(丸い部分)を、 "bat and ball (バットとボール)" とイメージながら練習します。


子どもにやさしいフォニックスですね!


この日は、書き取りの練習の後に、バットとボールを b の形に並べました。


おまけで綿棒ペインティングもしましたよ。


細かいところも丁寧に仕上げてくれましたね!!



b のアクションは、バットを振る動き。 ボールがバットに当たる音も表しながら、b b と言います。


また、一緒に楽しみましょうね。