読み書きの力:アメリカンスクールはどう英語を教えているか

 

読みたい本がたくさんありますが、すきま時間でざっと読んだ本の一冊です。

 

 

家族でベトナムに住むことになった英語教師の筆者の方が、娘さんが現地で通ったアメリカンスクールの英語教育の様子をまとめたものです。

 

英語を基礎から学ぶためのESLクラスの様子、そして通常のクラスの様子など、写真などと一緒に分かりやすく再現されています。

 

 

自分のレッスンにも是非取り入れたい!と言う、具体的に参考になることもたくさんありました。

 

そして、まとめで強調されていたのは、

 

「読み書きの大切さ」です。

 

(特に小学生以上の英語学習についてです)

 

 

 

 

私自身、英語教育関係の方とのお話の中で時々聞くのは、以下のようなコメントです。

 

・日本では「ぺらぺら話せる」ことに価値が置かれがちだが、英語教育が進んでいる国ほど、読み書きの力を重要視している。

 

・日本人の英語力の弱さは、読み書きの量の圧倒的な少なさに一因がある。

 

・日本では、英語での「コミュニケーション」と「読み書き」は、相反するという思い込みがあるため、あえて読み書きをしない指導が先行して行われている。

 

 

 

 

皆さんの思いはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

現在、文部科学省によって学校の小学校・中学・高校の英語教育の改善の動きが大きくなっています。

 

世界の成功例なども参考にして、どんどん進めて頂きたいです。

 

 

 

 

私自身も、毎日の気付きやこれまでの経験をもとに、良いものを積極的に取り入れて&皆さんにシェアして行ければと思います。