「海外大学志向高まる」

最近は、海外の大学(海外と言っても英語圏、特にアメリカが多いですね)を目指す人たちが増えていると言う記事があったので、ご紹介いたします。

 

Yahooニュースで取り上げられていた記事の記録です。

 

リンクはこちらから

 

以下に、コピーを残しますね。


海外大学志向高まる…中高生向けプログラムや取組みが活発化

 

56万人以上が志願したセンター試験が18日、19日に行われ、国内大学への進学希望者の入試がピークを迎える中、日本の高校から、海外の大学を目指す動きも増えてきているという。



 政府が日本人留学生の倍増計画を掲げ、実現に向けて力を注ぐ中、通信教育や塾、学校、自治体などでも海外志向の中高校生に向けた取組みが広がりをみせてきている。通信教育や塾、学校、自治体などの取組みをまとめた。

◆通信教育・塾の取組み

 ベネッセコーポレーションでは、2012年9月に海外進学などを目指す中高生を対象としたオンライン講座「海外大併願コースWEB Class」を、2008年には少人数制指導塾「ルートH」を開設。「海外大併願コースWEB Class」では、インターネットを通じて、ネイティブ講師がすべての授業を英語で実施。「ルートH」は、定員15名という少数精鋭で個々の受験戦略に応じた指導を行うことで成果を上げ、ハーバード、エールなど海外トップ大進学者を輩出している。

 Z会でも2013年12月から、IGS(グローバルリーダー育成スクール)と共同で「日米トップ大学併願プログラム」をスタートさせた。対象は、日本と海外のトップ大学併願を目指す高校2年生。国内難関大志望の高校生に数学を指導する「Z会東大マスターコース」と、海外トップ大学合格を目指すIGSのTOEFL講座などを組み合わせることで、国内と海外のトップ大合格に必要な学力やスキルを身につけさせる狙いだ。

 進学塾「早稲田アカデミー」でも2013年4月、高校1・2年生を対象に「東大受験生のためのハーバード併願コース」をスタートさせた。バイリンガル講師による英語講座、「自分力」研究講座、「国際数学オリンピック」や「国際地理オリンピック」への挑戦などを通して、「東大・ハーバードダブル合格」という明確な目標に向かっていくという。

 大学受験予備校「早稲田塾」総合研究所の石川成樹氏は、「海外進学を目指す生徒は昔から潜在的にいたが、世の中の動きで表面化してきた。海外の環境で学ぶことで、日本や世界のことが見えてくる経験は誰しも必要。それが今後、当たり前になっていく可能性がある」と話す。

 早稲田塾でも、海外大学を目指す現役高校生のための専門拠点「海外進学・留学館」を2013年4月に開設。英語力強化プログラムや海外進学カウンセリングなどを通して、海外志向の高校生をバックアップしている。

◆学校の取組み

 英語圏の大学進学を目指す中高生向けに2014年8月、5年間の課外プログラムを開始するのが武蔵中学・高校を運営する根津育英会武蔵学園だ。テンプル大学日本校との連携で、「Musashi Temple RED Programs(ムサシ・テンプルREDプログラム)」を開発、「科学」をテーマに5年間で1,380時間もの授業を英語で展開するという。

 武蔵中学・高校のプログラムは、学園内に限らず、他校の生徒も広く受け入れるという点でも注目される。中学2年生を対象にしたパイロット版サマープログラムを開講した際には、情報公開と同時に24名の定員枠に応募が殺到したという。

 海外の難関大進学に特化した中高一貫校の設立を目指す動きもある。予備校大手の「河合塾」は、東京学園高校の運営に参画する形で、2017年度の中高一貫校開校を目指し、準備を進めている。ハーバード、オックスフォードなど、海外の名門大進学に照準を合わせることで、他の中高一貫校と差別化を図りたい考えだ。

◆自治体の取組み

 多くの自治体も、海外への留学や進学を支援しており、中でも、目を引くのが熊本県の取組みだ。2013年度にスタートした「海外チャレンジ塾」では、海外進学を目指して集まった県内の中高生を対象にTOEFLや英文エッセー対策、海外進学に関する説明・相談、願書手続きのアドバイスなどを行っている。2012年度からは、世界ランキング50位以内の海外大学へ進学した高校生や県内卒業生に対し、進学資金として100万円を交付する独自の奨学金制度を創設し、話題を集めた。

 「熊本県の子どもに進路選択のチャンスを与えたい」という、ハーバード大卒の蒲島郁夫知事のリーダーシップで、海外進学に必要な力を養う「海外チャレンジ塾」、経済的に支援する「海外大学進学推進事業」などに着手。

 「海外チャレンジ塾」の2013年度の塾生は、中1~高3まで100名。このうち、高3生5名が海外進学を予定している。「世界ランキング50位以内」というハードルは高く、まだ100万円を手にした生徒はいないものの、それも「時間の問題」(県担当者)。同じ夢や志を持った塾生同士が切磋琢磨する中で、着実に力をつけているという。

 英語教育や国際化に力を入れる大阪府でも、2012年度に海外への進学や留学を目指す高校生のための「おおさかグローバル塾」を開設している。米国留学、英国留学の2コースあり、各コース48名が受講。「TOEFL iBT」試験対策をベースに英語力を総合的に磨き、スピーチやディスカッションなどの技術も習得、夏休み期間中には約2週間の短期留学も体験するという。

 塾生に出願するには、「TOEFL iBT45」「TOEFL PBT(ITP)450」以上などの英語力が求められる上、96名の定員に対し、1期生は380名、2期生も124名の応募があり、選抜で塾生が決定する。塾生の志や意識は高く、修了時点でほぼ100%の塾生が海外志望だという。1期生からは、5名が海外進学、2名が高校留学、2期生からもすでに数名の海外大学合格者が出ており、成果は着実に実を結びつつある。

◆政府の取組み

 日本人の海外留学(進学を含む)が減少傾向にあり、若者の内向き志向が指摘される中、国は海外留学支援の動きを鮮明に打ち出している。2020年には、日本人留学生を6万人(2010年)から12万人へと、倍増させる目標を設定。海外留学のための無利子奨学金制度や海外留学支援制度の創設を計画しているほか、2013年10月には「トビタテ!留学JAPAN」と題した留学促進キャンペーンを開始。高校生や大学生の留学機運を盛り上げようと、イベント開催や情報提供に力を入れ始めている。

 グローバル化の進展に伴い、海外大学進学をめぐる動きは、大きな転換期を迎えつつある。国や自治体などの後押しもあり、海外に目を向ける高校生は、今後ますます増えていくことになりそうだ。

《リセマム 奥山 直美


記事は以上です。

 

 

 

私の感覚では、以前から海外大学を目指す人は少なくなかったと思います(私自身も海外で進学しました)。

 

ただ、以前に比べて、それをサポートするサービスや取り組みがすごく増えていますね。

 

そこにインターネットの発達も加わり、主要な情報は現地にいるのと変わらななくなりました。

 

日本を出発するまでに、更には、現在通う高校などを卒業する前までに、英語力アップを含めた留学の準備を完全に済ませることが出来る環境になったように感じます。

 

 

 

 

 

また、大学などの高等教育レベル(ランキングなど)を日本国内だけでなく、世界全体で見る人が増えてきていると感じます。

 

それでも、今も時々、「東大よりハーバード!?」というような、意外性を強調する記事のタイトルを見ます。

 

海外の学校への進学への意識、日本はようやく、スタート地点と言う感じですね!

今後どのようになっていくか、楽しみです。


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。